2008年03月29日

頭文字Dツアー 2日目 00080324

健康ランドで一泊後、榛名山を目指しました。

榛名山といえばね、ホームコースです。豆腐屋の。

この日はあいにくの雨・・・濃霧が榛名山を覆ってました。
伊香保の温泉街は狭かった。

山を登り、榛名湖を目指した。榛名湖では、セリカ先輩やz先輩方がいました。

山登りはやはりコーナーが多く、溝も大きなものがたくさん。
ここに落とすんだなと思いながら登って行きました。

榛名湖近くに行くと、バトルのスタート地点が・・・給水塔はばっちりありました。
ガードレールのつくりもそのまんまで、本当に驚きです。

そして、イニDではいつき君と会話をしている榛名湖の駐車場を探しました。
なかなか見つからずに苦労し、二週目でやっと見つけ、降り立ちました。
この日は寒かったな〜。

例の桟橋は浜に撤去されていたし、ボートはあっても誰もいませんでした。冬季だからね。

そして、よく出てくる自動販売機でジュースを買い、山を降りることに・・・。
ちょっと、駐車場で遊んでからね。フォーン!!

下りはやはり難しく、しかし面白く、本当に興奮しました。

ふざけて溝落とし〜ガチャン!!(サスの音)
しかし、これが悲劇に・・・・。

そして、伊香保の温泉街へ行き、例の石段を見てきました。
狭い道だったな〜。

これで、行くべきところは行きました。

ホントいい旅行だった。

しかし・・・事件は、帰りにおきました。

帰りはナビに頼って帰ろうと、ルートを設定・・・。

案内どおり進んでいると、なんと通行止め。
仕方ないので、ルートを変更しようと、ナビに逆らって走り、ナビ派ルートを探索し始めました。
違うルートだと思い、案内に従っていくと、またもとの道へ・・・。

振り回されました。

しばらくナビを無視し、完全に違うルートになったことを確認してからナビに従うことに・・・。

しかし、今度は本当に道かと思うようなルートを案内され砂利道に突入・・・。
やっとのことで、アスファルトの道に出てみると、ステアがとられることに気づき、前輪を確認・・・。

パンクでした・・・。

パンク修理剤で修理し、説明書どおり低速で走っていました。

ちょうど、ガスもなくなっており、途中のガソリンスタンドに寄ると、もうタイヤはぺったんこ・・・。
修理剤は意味を成していませんでした。

空気を入れてもらい、少し走ってセルフのガソスタでまた様子見・・・。

結果は・・・

仕方ないのでスペアに交換し、一路栃木の実家を目指しました。

スペアタイヤは意外にも普通に運転できました。
まあ、そこからは普通のドライブ・・・。

リアシートの2人・・・眠気に耐えてたね〜。
特に、運転席うしろのお方は、くらくらしてたね〜。

まあ、そんなこんなで宇都宮に到着・・・。

みんなをベルモールに置いて、ひとり実家でタイヤ交換・・・。

これが終わると、7時・・・。

急いで帰るために高速に乗りました。
さすが高速・・・かなりスムーズに・・・。

しかし・・・

まさかの事故で通行止め・・・
電光掲示板には、事故があり通行止めということが書いてあったらしいけど、俺はスリップ注意の表示に気をとられて気づきませんでした。
そして、『事故通行止め ここで降りよ』という表示に気づき、右車線から左車線へ入ろうとしました。
でも、トラックに阻まれ、高速でとまるわけにもいかず、出口を過ぎ、高速で閉じ込められました。

なんと4時間も・・・。

これで、仙台から来たmちゃんは電車に乗れなくなり、仙台まで送っていくことになりました。

動かない車の中で様々な話をしました。

そして、動き出すともう日付が変わるころ・・・
さすがに、800キロ以上運転し、真夜中の運転にも耐え、タイヤ交換をしてきた俺の体も限界が来てしまいました。

mちゃんのお母さんからの心配の電話が入った時、俺はさすがに罪悪感からか何もしゃべる気にならなくなり、黙って運転し始めました。
この時に完全に疲れがどっと出てしまいました。

本来ならば、最後まで俺がみんなを送り届けなければならないのですが、事故ったらやばいとの判断により、黒子が代わりにみんなを送り届けることに・・・。

そして、俺のアパートに着き、俺は完全に限界・・・。

みんなを見送ると、ビール飲んで死にました。


想定外の出来事とはいえ、mちゃん・黒子・F田には本当に多大なる迷惑をかけてしまいました。
本当に反省しています。

しかし、通行止めの中最後にみんなと話せたことは本当に良かったと思っています。

あの時間は自分の中でも一生の宝物になりました。

かけがえのない時間でした。

不謹慎とは知りつつも、あえて書かせていただきました。


卒業式の前日に、あのような旅ができ、本当に良かった。

参加してくれたお三方、本当にありがとう!!

君たちは・・・いや、あなたたちは、俺の誇ることのできる後輩です。

まだまだ伝えたいことはありますが、言葉で表現するのは不可能です。


本当にありがとう!!

一生忘れられません!!

posted by れびすけ at 14:40| 福島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック