2008年03月28日

「またここであいましょう」

あいたくなったら またここへ来てよ、ねえ
何気ない会話の節々にある温もりに気付くから

淋しくなったらまた会いにに来てよねえ
僕は行くさあの約束の地へ果てしない祈りを抱き締めて


にぎやかな街はすぐに黄昏を気取るよ
曇りがち瞳抱えいつまでも座り込んでいた

行き場のない恋 ショボい毎日 汗まみれのシャツで
窓の向こうにはかすかだけれど春の匂いがした


あいたくなったらまたここへきてよねぇ
張り詰めたガラスの心の置き場 見つからずにいるのなら
淋しくなったら、また会いに来てよねえ その絆 答えない闇のなかで ため息を集めているのなら

ポケットは軽はずみな優しさで溢れて
はじかれた夢を抱え
いつまでもだまりこんでいた
白いままの地図 誓ったあの日に 会わせる顔がない
大切な人の笑顔の裏の涙に添える花がない

会いたくなったら

またここへ来てよねえ

立ち止まることも、逃げ出すことも それもまた勇気なら

泣きたくなったら 悲しくなったら

街は今君のこと傷つけてる 全てから僕が守るから

会いたくなったら、また会いに行くよ

会いたくなったら
posted by れびすけ at 01:17| 福島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。