2007年08月03日

この世に存在するサディストに関する報告

今まで生きている中で、何人かサディストというものにお目にかかる機会があったのですが、最近そんなことを考えることが多くなったので書こうかと・・・。

サディスト・・・それは人の不幸を何よりの幸福とする人間・・・。

人の不幸を笑う・・・。それは人間である以上、ほとんどの人が持ち合わせる感覚のようです。

しかし、問題はそれを理性で封じることができるかどうかです。

それができない人間・・・、そう人の不幸を何の罪悪感もなく笑い飛ばせる人間・・・、これがサディストです。


こんな人間いやですね〜。友達の中にはいて欲しくないのが願いです。
しかし、俺の周りにもいました・・・。
そいつは「人の不幸って笑えない?」ともはっきり言ってしまったことすらあります。

その経験から分析するに、サディストの共通点が見つかりました。

@へたれが多い

A見た目親切(親切といっても、少しも骨を折っていない)

Bなんちゃって優等生

C愛想笑いが下手(目が笑っていない)

D根拠のない自信を持っている

Eやけにプライドが高い

F馬鹿にされるのが平気なのか、苦手なのか微妙である。
(結構、マジ切れはしないが軽く切れる)

G自分本位で行動する(自己中)

Hくせのある友達がいる

I他人が苦手というものを、根拠なく得意という(少し無理してでも)

J集団の中に入っていくのだが、その集団の何人かを引き抜いていく傾向がある。そして、その集団から離れる。

Kどういうわけか、弁護人が数人いる。

L親に平気で甘えている。(仕送りがあるのに、それ以上におお小遣いを請求することがしょっちゅうである。)

M他人が窮地に陥っている時に悪げな笑みを放っているのに、自分が窮地に陥ると人一倍騒ぎ立てる。

N利用価値がなくなったと思った友人には、ちょっかいを出し始める。

まあ、こんなとこでしょうか・・・。

もちろん、例外やここに全て該当してもサディストとは必ずしも言えませんが、サディストならば持ち合わせている性質のような気がします。

大学時代、俺も被害にあったことがありました。

自分の場合ははっきり絶交しましたが、そうもできない人もいると思います。


自分がこんな輩にならないように気を付けないと。







posted by れびすけ at 09:35| 福島 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 気分? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

童貞卒業!
Excerpt: 正確にはセ◎レなんだけど。。(笑) いきなりかよ(笑)
Weblog: ついに彼女できた(泣)
Tracked: 2007-08-06 07:30
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。